科学者の芽 育成プログラム2008-2019
科学技術振興機構(JST)「ジュニアドクター育成塾」支援事業 主催:埼玉大学 大学院理工学研究科 後援:埼玉県教育委員会/さいたま市教育委員会
プログラムの概要
児童・生徒の中から「科学者の芽」を見出し、大学理数系の専門的な見地から適切な環境を提供することで、この芽が根を張り、葉を広げ卓越した大木に育つことを支援する。児童・生徒の保護者の方、中学・高校の先生方や大学生といっしょに進めるプログラムも用意しています。
特に女性科学者の芽をしっかり育てる工夫をします。

目的 「未来の科学者」になりうる児童・生徒の好奇心を涵養し、目的意識を早期に目覚めさせ、本人がその潜在的な力を出し、発見能力や可能性に気づく着想力、思考力を伸ばす手伝いをする。
プログラムの特色
  1. 特別コースの「女性科学者の芽育成プログラム」には、分野横断的に各コースの参加者が参加することができる。
  2. 3つのステップ(1.理数分野に興味を持たせる。2.興味や意欲を伸ばす。3.専門領域へ進展させる)から構成され、評価と選抜はそれぞれの上級のステップへの進級段階で行う。
  3. 講演型連続セミナー、体験型実験・実習セミナーと最先端の研究施設の見学、研究発表会で構成されたプログラム。
目標  児童・生徒の中にある科学に関する好奇心・学習意欲・能力を成長させ、「専門領域での勉学の援助」を図り、「周辺の分野も広く見ることができる教育」を行い、「さらに上を目指す向上心を育てる」ことにより、児童・生徒の関心・興味・知識を格段と高め、科学の世界への夢と希望を育む。
科学に対するより強い関心興味をもち、将来の職業選択肢として科学に携わることを真剣に考えることも目標とする。
募集エリア 限定しない(埼玉県中心の首都圏を想定)
主な学問分野 数学、物理学、化学、生物学、地学、情報


行事 ステップ1 ステップ2 ステップ3
対象 小学5年生~中学3年生
およびその保護者
中学1年生~中学3年生
およびその教諭
40名(教諭の数を含まず)
ステップ2選抜者

10名

おもな分野 「理数系全分野」1コース

「女性科学者の芽」
「数学・情報」
「物理・地学」
「化学・生物」
3コース

「女性科学者の芽」
「数学」「情報」「物理」
「地学」「化学」「生物」
6コース

「女性科学者の芽」
ねらい 「興味をもてる何か」の発見 興味や意欲の醸成 専門分野を知る
特色 親子科学教室で保護者と共同の実験実習を行い、家庭での話し合いの機会をつくる 中学校・高校の教諭とも話し合える機会を提供する 大学生や大学院生をチューターとして、質問討論の場を設ける
各ステップに、「女性科学者の芽」というコースを設け、女性研究者の活躍の場を明示し、
優れた能力を持つ女子生徒を探し育てる。
土曜ジュニアセミナー
シリーズ講義
1コース 年5回
3分野 3コース年6回
―――
実験実習 「一日大学生」
5分野 年1回
「テーマ研究」
発表会 年1回
「テーマ研究」
発表会 年1回
サイエンスカフェ 談話会 年6回
談話会 年6回
談話会 年6回
先端施設見学 大学,科学館 年3回
研究施設,大学 年3回
先端研究施設 年3回
ジュニア
特別セミナー
――― 「みんなで科学」 年1回
―――
女性科学者の芽
セミナー
講演・談話会 年3回
講演・談話会 年3回
講演・談話会 年3回

サイトマップ  プライバシーポリシー